【遊戯王】2022年1月環境予想 黄金卿を討て

その他
本記事は遊戯王仲間である@あーく氏の寄稿記事です。

どうもこんにちはあーくです。
先日1月のリミットレギュレーションが発表されました。
その内容は当然のように思えながらもかなり衝撃的なものだったと思います。

今回は1月リミットレギュレーション改定の内容の振り返りと、それを受けての次環境について考察していきます。

1月リミットレギュレーション

まず1月リミットレギュレーションは以下の通りです。
内容は以下の通りです。

新たに禁止になるカード

  • 《フュージョン・デステニー》【無制限⇒禁止】

新たに制限になるカード

  • 《幻影騎士団ティアースケイル》【無制限⇒制限】
  • 《プランキッズ・ミュー》【無制限⇒制限】
  • 《抹殺の指名者》【準制限⇒制限】

新たに準制限になるカード

  • 《アラメシアの儀》【無制限⇒準制限】
  • 《聖殿の水遣い》【無制限⇒準制限】
  • 《オルターガイスト・マルチフェイカー》【制限⇒準制限】
  • 《龍相剣現》【無制限⇒準制限】
  • 《メタバース》【制限⇒準制限】

制限が解除されるカード

  • 《EMドクロバット・ジョーカー》【準制限⇒解除】
  • 《魂喰いオヴィラプター》【準制限⇒解除】
  • 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》【準制限⇒解除】
  • 《スケープ・ゴート》【準制限⇒解除】

感想

特に《フュージョン・デステニー》の1撃禁止はそこまでやってくれるかKONAMIと思いましたし、《抹殺の指名者》についてはそっちをやってくるかKONAMIと思いました。

また勇者ギミックの規制の仕方については、メインギミックのひとつとして使うには再現性が取れない規制のかけ方をしていたので上手いことしたなとも思うと同時に、発売早々に規制をしてしまったことを悔い改めてという気持ちで一杯です。

感想を述べるのはこのくらいにして、今回の改定によってダメージを追ったデッキと影響の度合は以下の通りです。

今回の改定によって影響があるデッキ

デッキ 影響
幻影勇者 コンセプト崩壊
相剣 理想盤面へのリソース減少
展開系デッキ全般 妨害への耐性低下
オルターガイスト 初動増加
魔術師 初動増加
恐竜 初動増加

まずデストロイ出張に関してですが、これについては言うまでも無くすべてのデッキでできなくなります。

代替となると考えられているアルバスセットに関してですが、

  • 《烙印融合》の使用に伴う制約が重い事
  • それを無視する《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》も誘発をもらうリスクが大きい事
  • 《氷剣竜ミラジェイド》の効果を使うためにEXデッキのスロットをいくらか持っていかれてしまうこと

この3点があることからデストロイのようにどのデッキにも採用されるかと言われるとそんな事はないでしょう。

次に勇者ギミックについては、初動がまさか5枚(《おろかな埋葬》込み)になってしまったので出張は厳しいんじゃないでしょうか。
とはいえ《彼岸の黒天使 ケルビーニ》を経由できるのであればこれを使って出張することは可能です。
レベル3を2体ともう1体何か(できればチューナー)を用意できるデッキならば搭載を検討しても良いかと思います。

また勇者ギミックと抹殺の指名者の搭載枚数が減ったことで、《無限泡影》《原始生命態ニビル》といった《墓穴の指名者》で止められない誘発の通りが良くなりました。

その結果展開系デッキと手数が少なく特定のカードから妨害用のモンスターへアクセスするようなデッキは風当りが強くなると予想されます。

以上の点を踏まえここからは次の環境はデッキを見かける事になると予想されるデッキを紹介していきます。

2022年1~3月おすすめ環境デッキ

エルドリッチ

黄金卿エルドリッチ
おうごんきょうエルドリッチ
黄金卿エルドリッチ
光 / レベル10
アンデット族 / 効果
ATK 2500 / DEF 2800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:手札からこのカードと魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送る。②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを手札に加える。その後、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターは相手ターン終了時まで、攻撃力・守備力が1000アップし、効果では破壊されない。

最安値:980円(まんぞく屋)

さて、ここで一言いわせて頂きます。

おい、環境トップ エルドリッチ は放置かKONMAI。

今回の改定で一切の被害を受けていないデッキです。

手札誘発がないデッキではありますが、「エルドリッチビーム」と呼称されるフィールドのカード1枚を墓地へ送る効果によって厄介な妨害脳力持ちを除去が可能なので、ある程度展開されようともそれを乗り越えるポテンシャルを持っています。

また黄金卿エルドリッチは自身の効果で蘇生可能で、その効果を使った際は相手の効果で破壊できない3500という突破困難な化け物に変わります。

リソースも黄金卿罠と各種エルドリクシルによって途切れることがないので、次環境文句なしのTier1と言えるでしょう。

ふわんだりぃず

ふわんだりぃず×ろびーな
ふわんだりぃず×ろびーな
水 / レベル1
鳥獣族 / 効果
ATK 600 / DEF 1200
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。③:このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

最安値:50円(まんぞく屋)

ふわんだりぃず×えんぺん
ふわんだりぃず×えんぺん
風 / レベル10
鳥獣族 / 効果
ATK 2700 / DEF 1000
①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。その後、モンスター1体を召喚できる。②:アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。③:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札を1枚除外して発動できる。その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

最安値:60円(楽天)

今回規制されなかったテーマ且つBACHで強化されて以降定期的に好成績をおさめるようになったテーマ。

現在多くのデッキに標準搭載されている《増殖するG》をくらわないため他の環境デッキよりもストレスなく回せそうです。

烙印デスピア

烙印融合
らくいんゆうごう
烙印融合
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。①:自分の手札・デッキ・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター2体を墓地へ送り、「アルバスの落胤」を融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

最安値:520円(駿河屋)

デスピアの導化アルベル
デスピアのどうけアルベル
デスピアの導化アルベル
闇 / レベル4
天使族 / 効果
ATK 1800 / DEF 0
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を手札に加える。②:このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの表側表示の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。このカードを特殊召喚し、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

最安値:700円(駿河屋)

今まで環境にいたデストロイフェニックスガイの後釜として役割を期待?されているカテゴリです。

烙印融合が通った後はデスピアの導化アルベルや《悲劇のデスピアン》などのカードにより、次の烙印融合を回収し大型獣を並べまくって物量で押すデッキ、だと思います。

とはいえ烙印融合が《灰流うらら》、出てきた融合体が《無限泡影》《エフェクト・ヴェーラー》《赫の烙印》《烙印竜アルビオン》《アーティファクト-ロンギヌス》が刺さる点から対策方法はいくらでもあります。(もちろん烙印デスピア側も対策のしようはあるので安心はしきれませんが…)

相剣

相剣師-莫邪
そうけんし-バクヤ
相剣師-莫邪
水 / レベル4
幻竜族 / 効果
ATK 1700 / DEF 1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札の「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を相手に見せて発動できる。自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

最安値:150円(アドバンテージ)

相剣大師-赤霄
そうけんたいし-セキショウ
相剣大師-赤霄
光 / レベル8
幻竜族 / シンクロ / 効果
ATK 2800 / DEF 1000
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「相剣」カード1枚を手札に加えるか除外する。②:自分の手札・墓地から「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を除外し、このカード以外のフィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。

最安値:70円(カーナベル)

全体的に手札誘発の通りが良くなる環境を想定すると、うららが刺さりづらいメインギミックというのは大きなアドバンテージになると思います。

そもそも10-12月環境も一定の活躍を見せていたテーマなうえ規制もそこまできつくなかったため今後も活躍が期待されます。

2022年1~3月のおすすめ手札誘発

最後に1-3月環境でおすすめの手札誘発を紹介して終わりにします。ちなみに《灰流うらら》《増殖するG》については標準搭載なので紹介はしないです。

場合によってはGの搭載数は減る可能性もありますが、それはまた別のお話ということで。

無限泡影/エフェクト・ヴェーラー

無限泡影
むげんほうよう
無限泡影
通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。セットされていたこのカードを発動した場合、さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。

最安値:912円(駿河屋)

エフェクト・ヴェーラー
エフェクト・ヴェーラー
光 / レベル1
魔法使い族 / 効果 / チューナー
ATK 0 / DEF 0
①:相手メインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送り、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

最安値:150円(駿河屋)

先に紹介したふわんだりぃず・相剣・烙印デスピア、挙げはしませんでしたが鉄獣戦線も盛り返してくる来季環境において、これらすべてのテーマはモンスター効果をフィールドで発動します。

そういった事から上記2種の手札誘発は以前に比べて刺さるシーンが多くなるのではないでしょうか。

しかしながら次環境トップ内定のエルドリッチに対して全く意味を成さないことから、初動のエルドリッチの勢力によっては採用0で他の手札誘発を搭載することを検討する必要がありそうです。

アーティファクト-ロンギヌス

アーティファクト-ロンギヌス
アーティファクト-ロンギヌス
光 / レベル5
天使族 / 効果
ATK 1700 / DEF 2300
①:このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる。②:魔法&罠ゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた場合に発動する。このカードを特殊召喚する。③:相手ターンに、手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。このターン、お互いにカードを除外できない。

最安値:50円(カーナベル)

エルドリッチ・ふわんだりぃず・鉄獣戦線に対して有効に働くため来季も活躍が期待できます。

もちろん妨害としての側面もありますが、次にあげる《ディメンション・アトラクター》の採用増加に対してカウンターにもなれるのでメイン採用が今まで以上に現実的になってくると思います。

ディメンション・アトラクター

ディメンション・アトラクター
ディメンション・アトラクター
闇 / レベル6
魔法使い族 / 効果
ATK 1200 / DEF 2200
①:自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。この効果は相手ターンでも発動できる。

最安値:1465円(駿河屋)

来季環境トップのエルドリッチを意識して、烙印デスピアや相剣のような墓地に依存しない展開をするデッキがメイン採用する可能性が考えられます。

本来1-1交換するのが難しいカードではありますが、例えば各種エルドリクシル発動時にアトラクターを投げればエルドリクシル⇒黄金卿罠⇒エルドリクシルのループを断つ事ができるので損をし辛い投げ方ができるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました