【遊戯王】2022年1月リミットレギュレーション予想

その他
本記事は遊戯王仲間である@あーく氏の寄稿記事です。

こんにちはあーくです。
1年が光の如く過ぎていく今日この頃ですが
問題:もういくつ寝ると?

答えは3行後

そうですね、1月のリミットレギュレーション試行ですね。

かのデストロイフェニックスガイの襲来と勇者とは名ばかりのデッキ侵略者達の登場から1シーズンが経った波乱が予想される制限改定です。

今回はこの旬なネタを記事にしていきます。

今回予想するのは禁止、制限、準制限の3種に上がるモノのみを挙げていきます。
制限緩和勢についてはコナミの商戦略によるさじ加減もあるので予想が難しい、というか正直する意味を余り感じないためしません。

なお禁止制限予想についてはそのリミットに上がりそうなレベルを1~5でランク分けしていきます。
レベル感は以下の感じです。

  • レベル5:存在が罪
  • レベル4:規制が濃厚
  • レベル3:50:50
  • レベル2:ワンチャン逝く
  • レベル1:ダークホース

また、各カード毎に、公式のリミットレギュレーションの選定基準のどこに抵触していそうか?という記載もしておきます。

遊戯王OCGにおいては過去に発売された全てのカードが使用可能であり、今後も新しいカード・商品が追加されていく、というゲームの環境下において慎重に検討しております。
また、検討の際には、世界中のプレイヤーが遊んでいる事も十分に考慮に入れた上で行われます。
適用される「禁止・制限・準制限カード」は基本的に以下の観点から選定していますが、恒久的なものではありません。

  • ゲームバランスを維持し、遊戯王OCG全体の活性化を促すプレイ環境を作り出す事
  • デッキの選択肢やプレーの幅を広げる事
  • デュエルの駆け引きの要素が激減するようなカード・コンボへの一定の規制
  • プレイヤーが一方的に有利になる状況を作り出すカードへの一定の規制
  • 現状の環境下ではプレイヤーが対処・対策がしづらいカードについての一定の規制
  • デュエルの進行に支障をきたすようなカードへの一定の規制
  • 大会での使用を考慮した際に、規制をかけるべきと判断されるカードへの規制

禁止カード予想

捕食植物ヴェルテ・アナコンダ
プレデター・プランツヴェルテ・アナコンダ
捕食植物ヴェルテ・アナコンダ
闇 / リンク2
植物族 / リンク / 効果
ATK 500 / DEF -
効果モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。②:2000LPを払い、「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

最安値:700円(駿河屋)
リミットレベル 2
ゲームバランスを維持し、遊戯王OCG全体の活性化を促すプレイ環境を作り出す事

多くの人が今回のレギュレーションで潰されるだろうと予想すると思いますが、私はそこまで確率が高いとは思いません。

というのも理由は単純で、つい先日リンクヴレインズパック3の再販が決定されたこととアルバストライクとの相性が良いため、このタイミングで禁止に上げるのはコナミ的においしくないだろうという考えのもとです。

とはいえ環境を荒らしているのも事実なので可能性が0かと言われるとそうでもないですし、かけるならこのタイミングが最後だと思うのでレベル2に設定しました。

D-HERO ディバインガイ
デステニーヒーロー ディバインガイ
D-HERO ディバインガイ
闇 / レベル4
戦士族 / 効果
ATK 1600 / DEF 1400
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードの攻撃宣言時に、相手フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、相手に500ダメージを与える。②:自分の手札が0枚の場合、自分の墓地からこのカードと「D-HERO」モンスター1体を除外して発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

最安値:611円(駿河屋)
リミットレベル 4
デッキの選択肢やプレーの幅を広げる事

上記のアナコンダの規制をせずデストロイセットの出張率を抑えるには、圧倒的に汎用性の高いこのカードの禁止が手っ取り早いと思います。

というのもほかの素材D-HEROはノータイムでデッキに突っ込めるかといえばそうでもないものが多く、何かしらデメリットを抱えています。

例えばディアボディナイアルのセットで言えば、素材を3枚デッキ内に入れなくては行けないため素材を引いてしまう確率が33%ほどに上がってしまう点です。

【遊戯王】デストロイフェニックスガイ出張パーツ解説
D-HERO デストロイフェニックスガイをフュージョン・デステニーで融合召喚する時に使用する出張パーツのカードについてまとめました。

つまりここを消してしまえばデストロイの主張の幅を狭くして、それぞれに適したデストロイパーツを搭載する様になるのではないでしょうか。

…裏を返せば本体か射出装置を潰さない限りはデストロイの出張は止まらなそうですが。

王宮の勅命
おうきゅうのちょくめい
王宮の勅命
永続罠
このカードのコントローラーはお互いのスタンバイフェイズ毎に700LPを払う。700LP払えない場合このカードを破壊する。①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの全ての魔法カードの効果は無効化される。

最安値:80円(楽天)
リミットレベル 3
デュエルの駆け引きの要素が激減するようなカード・コンボへの一定の規制

昨今の環境では魔法カードが展開と捲りそれぞれの鍵になっているため、サイドデッキにほぼ必ず採用されているカードです。

しかしコナミが一方的になゲームを展開するのを嫌うという前提と次回のブースターがペンデュラムテーマがメインになっている点を考えると、「Pテーマ安心して使ってね!」というメッセージのためにこのタイミングで禁止にする可能性も考えられるのではないでしょうか。

本気半分冗談2割私怨3割でレベル3です。

制限予想

フュージョン・デステニー
フュージョン・デステニー
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分の手札・デッキから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、「D-HERO」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は闇属性の「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。

最安値:45円(カーナベル)
リミットレベル 5
ゲームバランスを維持し、遊戯王OCG全体の活性化を促すプレイ環境を作り出す事

《D-HERO デストロイフェニックスガイ》発射機。

《真紅眼融合》のように素引きしても他の動きを阻害ししないため展開のついでにフェニックスを添えたり、展開力のあるデッキならこれで誘発チェックをしながらメインの動き+アナコンダで再度デストロイを添えに行くなど、3枚入れるとかなりおかしな事ができるので規制濃厚でしょう。

文句なしのレベル5です。

幻創のミセラサウルス
げんそうのミセラサウルス
幻創のミセラサウルス
炎 / レベル4
恐竜族 / 効果
ATK 1800 / DEF 1000
「幻創のミセラサウルス」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分・相手のメインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送って発動できる。そのメインフェイズの間、自分フィールドの恐竜族モンスターは相手が発動した効果を受けない。②:自分の墓地からこのカードを含む恐竜族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。除外したモンスターの数と同じレベルの恐竜族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

最安値:40円(楽天)
リミットレベル 2
ゲームバランスを維持し、遊戯王OCG全体の活性化を促すプレイ環境を作り出す事

恐竜ワンショットが頭角を見せ始めている現在ですが、流石にここをスルーしてしまうと今後一驚環境が起こる可能性があるので規制しておいて欲しいという願いを込めて挙げました。

とはいえ現在のトーナメントシーンでなりをひそめていてコナミは気づいてない可能性があるので、50:50ってほどではないと読んでレベル2想定です。

幻影騎士団ティアースケイル
ファントム・ナイツティアースケイル
幻影騎士団ティアースケイル
闇 / レベル3
戦士族 / 効果
ATK 600 / DEF 1600
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「幻影騎士団ティアースケイル」以外の「幻影騎士団」モンスター1体または「ファントム」魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。②:このカードが墓地に存在し、自分の墓地からこのカード以外の「幻影騎士団」モンスターまたは「ファントム」魔法・罠カードが除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

最安値:50円(楽天)
リミットレベル 4
デッキの選択肢やプレーの幅を広げる事

現環境トップと謳われる【幻影勇者】のメインエンジン。

流石に1枚から稼げるアドの量が半端ではないことと、このアーキタイプからの規制対象が上がるとするならこのカードが筆頭だろうということで高めのレベル4予想です。

プランキッズ・ミュー
プランキッズ・ミュー
地 / リンク1
岩石族 / リンク / 効果
ATK 1000 / DEF -
レベル4以下の「プランキッズ」モンスター1体
自分は「プランキッズ・ミュー」を1ターンに1度しかリンク召喚できず、その効果は1ターンに1度しか使用できない。①:相手ターンに自分フィールドの「プランキッズ」モンスターが効果を発動するために自身をリリースする場合、代わりにフィールド・墓地のこのカードを除外できる。
リミットレベル 4
デッキの選択肢やプレーの幅を広げる事

プランキッズはエアプですが、このデッキから規制対象を出すならこのカードでしょう。
プランキッズを1枚初動のデッキにのし上げた立役者ですが、そこからのフリーチェーン《サンダー・ボルト》2連打は許されんでしょう。

かといって禁止レベルかと言われればそうでもなく、準制限以下が意味あるかと言われれば意味ないので、規制するなら制限しかなしかなという理由でレベル4想定です。

墓穴の指名者
はかあなのしめいしゃ
墓穴の指名者
速攻魔法
①:相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。次のターンの終了時まで、この効果で除外したモンスター及びそのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。

最安値:520円(楽天)
リミットレベル 2
デュエルの駆け引きの要素が激減するようなカード・コンボへの一定の規制

今までに《抹殺の指名者》も含めて着々と規制されてきたこの手のカードですが、今回も規制の手が入るのではないかと思います。

というのも前回の《PSYフレームギア・γ》が制限にされた事を考えると、コナミ的には手札誘発を抜けて一方的な展開をするのを嫌っている節があるように見えます。

加えて現在手札誘発チェッカー且つ4枚目以降の指名者の役割を担える勇者ギミックが環境に多い点とその勇者ギミックをコナミがこのタイミングで極端な規制はかけない可能性が高いので、相手の妨害もできる墓穴の指名者にそのしわ寄せが来る可能性を考えました。

でも個人的には先攻ブンブンしたいので、希望的観測も踏まえてレベルは2に設定しました。

準制限予想

相剣師-莫邪
そうけんし-バクヤ
相剣師-莫邪
水 / レベル4
幻竜族 / 効果
ATK 1700 / DEF 1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札の「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を相手に見せて発動できる。自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

最安値:150円(アドバンテージ)
リミットレベル 1
ゲームバランスを維持し、遊戯王OCG全体の活性化を促すプレイ環境を作り出す事

相剣で制限をかけるならこのカードではあるんですが、現状相剣のシェアが少ないことを考えると規制の可能性はあまりないでしょう。

レベル0よりの1です。

宣告者の神巫
デクレアラー・ディヴァイナー
宣告者の神巫
光 / レベル2
天使族 / 効果 / チューナー
ATK 500 / DEF 300
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキ・EXデッキから天使族モンスター1体を墓地へ送る。このカードのレベルはターン終了時まで、そのモンスターのレベル分だけ上がる。②:このカードがリリースされた場合に発動できる。手札・デッキから「宣告者の神巫」以外のレベル2以下の天使族モンスター1体を特殊召喚する。

最安値:680円(メルカード)
リミットレベル 4
ゲームバランスを維持し、遊戯王OCG全体の活性化を促すプレイ環境を作り出す事

様々な環境デッキが今回の規制でしょっ引かれるなか、【竜輝巧】の中からも規制の対象を考えるとするとこのカードかなと思いました。

いやいや《サイバー・エンジェル-弁天-》が先だろ!?と思うかもしれませんが、大体どのルートを辿っても1回サーチできればお役ごめんなので、それよりも初動を少し不安定にして且つ本体に致命的なダメージを与えないようにするとしたらこのカードかなと思います。

でも【竜輝巧】が環境にそこまで大きなシェアを持っていない点を考えると、まずは準制限で様子見をするのではないかと思いレベル4に設定しました。

聖殿の水遣い
せいでんのみずつかい
聖殿の水遣い
水 / レベル3
魔法使い族 / 効果
ATK 1500 / DEF 1200
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドに「勇者トークン」が存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:手札・墓地のこのカードを除外して発動できる。自分のデッキ・墓地から「アラメシアの儀」1枚を選んで手札に加える。③:自分フィールドに「勇者トークン」が存在する場合に発動できる。デッキから「勇者トークン」のトークン名が記されたフィールド魔法カード1枚を選んで自分のフィールドゾーンに表側表示で置く。

最安値:531円(駿河屋)
リミットレベル 3
ゲームバランスを維持し、遊戯王OCG全体の活性化を促すプレイ環境を作り出す事

先程極端な規制はかけないと書きましたが、ゆるくかけるとしたらこのカード。

テーマのギミックを生かさず殺さず、且つ2枚引きもしくは《アラメシアの儀》と共に引くという上振れの可能性を減らす目的で準制限あたりに登りそうな気もしています。

とはいえ発売直後バリアもあるので確率は五分五分かなと思い、レベル3に設定しました。

黄金郷のコンキスタドール
おうごんきょうのコンキスタドール
黄金郷のコンキスタドール
永続罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:このカードは発動後、通常モンスター(アンデット族・光・星5・攻500/守1800)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する。このカードは罠カードとしても扱う。自分フィールドに「黄金卿エルドリッチ」が存在する場合、さらにフィールドの表側表示のカード1枚を選んで破壊できる。②:自分・相手のエンドフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「エルドリクシル」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

最安値:430円(楽天)
リミットレベル 4
現状の環境下ではプレイヤーが対処・対策がしづらいカードについての一定の規制

デストロイフェニックスガイは今回の制限である程度の規制を受けることを考えると、【エルドリッチ】がより勢力を伸ばすことが予想できるので先んじて手を打ちます。

盤面除去且つリソース確保を3週しているうちにおそらく相手は死んでいるでしょう。

そのサイクルを短くすることは規制として妥当に働くと考えるので準制限がよいのではないでしょうか。

私怨混ぜていいなら制限でレベル5です。


いかがでしたか。

すっかり改定予想もTCGのコンテンツの楽しみ方として定着してきましたね。

来年1月の発表を楽しみに待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました