【遊戯王】デストロイフェニックスガイ対策カード集

デッキ・カード紹介

突然ですが、

「幼稚園児100人に聞いた!『嫌いなものランキング』」

を発表します。

3位『まま』

「怒ったらこわい」
「ゲームとりあげられる」

2位『ぴーまん』

「にがい」
「まず〜い」

1位『D-HERO デストロイフェニックスガイ』

「ドラグーンの再来」
「一生盤面を壊してくるクズ」
「ディバインガイもろとも〇んでくれ」

そんなわけで、遊戯王界に現れたぶっ壊れカード《D-HERO デストロイフェニックスガイ》の対策カードをご紹介します。

デストロイフェニックスガイの概要

ここを見に来たプレイヤーの皆さんには言うまでもないことですが、

デストロイフェニックスガイは主に《フュージョン・デステニー》でデッキ融合召喚され、フリーチェーンによる破壊と蘇生を繰り返し盤面を壊しに来る壊れカードです。

D-HERO デストロイフェニックスガイ
デステニーヒーロー デストロイフェニックスガイ
D-HERO デストロイフェニックスガイ
闇 / レベル8
戦士族 / 融合 / 効果
ATK 2500 / DEF 2100
レベル6以上の「HERO」モンスター+「D-HERO」モンスター
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:相手フィールドのモンスターの攻撃力は、自分の墓地の「HERO」カードの数×200ダウンする。②:自分・相手ターンに発動できる。自分フィールドのカード1枚とフィールドのカード1枚を選んで破壊する。③:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。次のターンのスタンバイフェイズに、自分の墓地から「D-HERO」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

最安値:280円(アドバンテージ)

フュージョン・デステニー
フュージョン・デステニー
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分の手札・デッキから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、「D-HERO」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は闇属性の「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。

最安値:45円(カーナベル)

毎ターンのフリーチェーンの破壊行為を食らうため、展開の妨害はもちろん、ターンを重ねるたびにアドバンテージの差が如実に開いていきます。
《ラーの翼神竜》よりよっぽどフェニックスしています。

また、融合素材として使用されるHEROカードも侮れません。

融合素材はいくつか候補がありますが、特に使用されているのは《D-HERO ディバインガイ》《D-HERO ダッシュガイ》です。

D-HERO ディバインガイ
デステニーヒーロー ディバインガイ
D-HERO ディバインガイ
闇 / レベル4
戦士族 / 効果
ATK 1600 / DEF 1400
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードの攻撃宣言時に、相手フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、相手に500ダメージを与える。②:自分の手札が0枚の場合、自分の墓地からこのカードと「D-HERO」モンスター1体を除外して発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

最安値:611円(駿河屋)

D-HERO ダッシュガイ
デステニーヒーロー ダッシュガイ
D-HERO ダッシュガイ
闇 / レベル6
戦士族 / 効果
ATK 2100 / DEF 1000
1ターンに1度、自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動できる。このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで1000ポイントアップする。このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。また、このカードが墓地に存在する限り1度だけ、自分のドローフェイズ時にカードをドローした時、そのカードがモンスターだった場合、その1体をお互いに確認して自分フィールド上に特殊召喚できる。

最安値:160円(楽天)

どちらも墓地で発動できる効果であり、特にディバインガイは、次のターンに2ドローが高確率で行えます。

単純にデストロイフェニックスガイのみを処理したとしても、ディバインガイのドロー効果でアドバンテージの差を埋めることは難しいです。

デストロイフェニックスガイの対策の難しさ

デストロイフェニックスガイはフリーチェーンで自身を含めた破壊を行うため、モンスター効果で対応しようとするのは難しいです。
何かしらのモンスターで対応しようとすると、妨害されてしまい、そのまま場から消えてしまうからです。

魔法や罠、モンスター1枚でデストロイフェニックスガイを処理してしまうのがベストですが、その行為が破壊であれば結局蘇生されてしまいます。
そのターンに決着を付けてしまうほどの展開力があればそれで十分ですが…。

デストロイフェニックスガイを破壊した後、墓地のデストロイフェニックスガイを除外またはバウンスすると、完全に処理することが出来ます。
しかしそうして対応しようとすると、「盤面処理+墓地除外」で、2枚以上のカードの消費が必要になります。
デストロイフェニックスガイは《フュージョン・デステニー》1枚で出てくるというのに…。

しかも苦労して処理したところで、ディバインガイの効果を使われると、結局アドバンテージの差は大きく開きます。
大げさに言うと、《フュージョン・デステニー》はデストロイフェニックスガイを出すと同時に、返しのターンで《強欲な壺》を使えるも同然なわけです。

デストロイフェニックスガイの対策カード

ここで、項目別にデストロイフェニックスガイ対策カードを紹介します。

基本的にこちらが後攻の場合でも対応できるカードに絞っています。

フリーチェーンの破壊効果を無力化させる系

デストロイフェニックスガイが健在な限り、こちらは常にフリーチェーンの妨害をうけるため、まずは盤面から退かす必要があります。

まずは破壊効果を無力化させて、こちらの展開を通すためのカードです。

しかし、フィールドの効果を無力化させても、破壊時の蘇生効果は使用されます。
処理後、そのままワンショットで勝利するか、破壊以外の方法で処理するか、後述する墓地効果を無力化させる系で対応する必要があります。

無限泡影
むげんほうよう
無限泡影
通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。セットされていたこのカードを発動した場合、さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。

最安値:912円(駿河屋)

禁じられた一滴
きんじられたひとしずく
禁じられた一滴
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分の手札・フィールドから、このカード以外のカードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。その数だけ相手フィールドの効果モンスターを選ぶ。そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が半分になり、効果は無効化される。このカードの発動に対して、相手はこのカードを発動するために墓地へ送ったカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を発動できない。

最安値:1200円(駿河屋)

冥王結界波
めいおうけっかいは
冥王結界波
通常魔法
このカードの発動に対してモンスターの効果は発動できない。①:相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

最安値:80円(メルカード)

《無限泡影》は、無限泡影に対して破壊効果を使われる可能性がありますが、その場合でも1枚でとりあえずデストロイフェニックスガイを退かすことが出来ます。

破壊した後、効果を無力化させる系

何かしらの手段でデストロイフェニックスガイを破壊した後、効果を無効化したり、除外したりして、蘇生を無力化させるカード群です。

昨今の遊戯王環境では、墓地を利用しないデッキは稀なため、デストロイフェニックスガイ以外でも使用機会は数多くあるでしょう。

屋敷わらし
やしきわらし
屋敷わらし
地 / レベル3
アンデット族 / 効果 / チューナー
ATK 0 / DEF 1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その発動を無効にする。
●墓地からカードを手札・デッキ・EXデッキに加える効果
●墓地からモンスターを特殊召喚する効果
●墓地からカードを除外する効果

最安値:80円(メルカード)

スカル・マイスター
スカル・マイスター
闇 / レベル4
悪魔族 / 効果
ATK 1700 / DEF 400
①:相手の墓地で魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。その効果を無効にする。

最安値:45円(カーナベル)

D.D.クロウ
ディー.ディー.クロウ
D.D.クロウ
闇 / レベル1
鳥獣族 / 効果
ATK 100 / DEF 100
①:このカードを手札から墓地へ捨て、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。この効果は相手ターンでも発動できる。

最安値:115円(駿河屋)

墓穴の指名者
はかあなのしめいしゃ
墓穴の指名者
速攻魔法
①:相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。次のターンの終了時まで、この効果で除外したモンスター及びそのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。

最安値:520円(楽天)

また、最近になって《暗影の闇霊使いダルク》という、汎用リンクモンスターが登場しました。

墓地へ送ったデストロイフェニックスガイを蘇生し、そのままフィールドに残したまま相手ターンを迎えることで、デストロイフェニックスガイの蘇生を免れることが出来ます。

暗影の闇霊使いダルク
あんえいのやみれいつかいダルク
暗影の闇霊使いダルク
闇 / リンク2
魔法使い族 / リンク / 効果
ATK 1850 / DEF -
闇属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:相手の墓地の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。②:リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから守備力1500以下の闇属性モンスター1体を手札に加える。

最安値:170円(楽天)

注意点として、蘇生効果はデストロイフェニックスガイが破壊され墓地へ送ったタイミングで発動する関係上、素材にして再度相手の墓地へ送ってしまうと、相手はデストロイフェニックスガイを蘇生出来てしまいます。

チェーンされず、破壊以外の方法で盤面から退かす系

デストロイフェニックスガイを破壊以外の方法で処理できるカードも存在します。
ただし、それが見え見えの場面でカードを発動しても、破壊効果で逃げられてしまう可能性があります。

なので、チェーンブロックを組まず処理できる壊獣系だったり、効果によってそもそもチェーン発動できない《超融合》でデストロイフェニックスガイを巻き込むのが有効です。

海亀壊獣ガメシエル
かいきかいじゅうガメシエル
海亀壊獣ガメシエル
水 / レベル8
水族 / 効果
ATK 2200 / DEF 3000
①:このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。②:相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。③:「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。④:相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。その発動を無効にし除外する。

最安値:70円(楽天)

超融合
ちょうゆうごう
超融合
速攻魔法
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。①:手札を1枚捨てて発動できる。自分・相手フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

最安値:80円(まんぞく屋)

これらのカードは1枚で処理できる半面、消費の激しいカードであるため、壊獣であれば《妖精伝姫-カグヤ》などで再利用するなど、何かしらのコンボが絡むと良いです。

また、《超融合》は、デストロイフェニックスガイに同じく最強クラスの制圧カードである、《フルール・ド・バロネス》《FNo.0 未来龍皇ホープ》をもろとも巻き込める《鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード》が注目されています。
事実、このカードを採用したデッキが結果を出し、シングル価格が高騰しました。

鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード
こうてつのまどうきし-ギルティギア・フリード
鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード
光 / レベル8
戦士族 / 融合 / 効果
ATK 2700 / DEF 1600
属性が異なる戦士族モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。その効果を無効にし、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。②:フィールドのモンスターのみを素材として融合召喚したこのカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。③:1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、自分の墓地から魔法カード1枚を除外して発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、このカードの守備力の半分アップする。

最安値:460円(楽天)

《超融合》を採用するデッキなら、このカードのようにデストロイフェニックスガイを巻き込める融合モンスターを採用しておくと良いでしょう。

諸悪の根源「フュージョン・デステニー」を止める系

そもそも《フュージョン・デステニー》を止めてしまえば、デストロイフェニックスガイは着地しません。

無理なく採用出来て、《フュージョン・デステニー》を止められるカードの筆頭として《灰流うらら》がありますね。

灰流うらら
はるうらら
灰流うらら
炎 / レベル3
アンデット族 / 効果 / チューナー
ATK 0 / DEF 1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

最安値:1311円(駿河屋)

しかし《灰流うらら》は発動機会が多く、《フュージョン・デステニー》の使用前に使ってしまう可能性もあります。
また、《灰流うらら》は超汎用カードなため、そもそも対策手段を用意している場合も多いです。

【遊戯王】「灰流うらら」の対策・プレイングのケア
遊戯王の最強の手札誘発「灰流うらら(はるうらら)」対策・ケアについてまとめてみました。

しかも、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》経由で《フュージョン・デステニー》が発動された場合は、そもそも《灰流うらら》は使えませんので、万能ではありませんね。

別の候補として、採用デッキを選びますが、《ディメンション・アトラクター》も有用な対策カードです。

ディメンション・アトラクター
ディメンション・アトラクター
闇 / レベル6
魔法使い族 / 効果
ATK 1200 / DEF 2200
①:自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。この効果は相手ターンでも発動できる。

最安値:1465円(駿河屋)

使える機会は1ターン目のみだと思いますが、《フュージョン・デステニー》にチェーンして発動することで、確実にデストロイフェニックスガイを除外できます。
《フュージョン・デステニー》の残存効果で、相手が破壊効果を控えたとしても、次のターンのエンドフェイズに自壊し除外させることができます。

また、《ディメンション・アトラクター》は素材もろとも除外することが出来るため、ディバインガイ、ダッシュガイの効果も封殺できるのも高評価。

自分にも大きく影響が及ぶため、どのデッキでも採用できるわけではありませんが、デストロイフェニックスガイに大きく刺さり、その他のデッキも刺さる強力な手札誘発として、相場もドンドン上がっているカードです。


しばらくは遊戯王と《D-HERO デストロイフェニックスガイ》は切り離せない環境です。

このカード1枚で詰んでしまうしまわないように、デッキ毎に対応手段をいくつか用意しておきましょう。

また、デストロイフェニックスガイを使う側として採用するカードの解説も、下記の記事で行っています。

【遊戯王】デストロイフェニックスガイ出張パーツ解説
D-HERO デストロイフェニックスガイをフュージョン・デステニーで融合召喚する時に使用する出張パーツのカードについてまとめました。
【遊戯王】召喚フェニックスの回し方・展開・対策の紹介
デストロイフェニックスガイと召喚獣ギミックを採用したデッキ【召喚フェニックス】デッキの回し方・採用カードなどをまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました